さくら麻美

公認カウンセラー さくら麻美

さくら麻美

常にどこかに孤独感を感じて

短大で建築デザインを学んだ後に、コンピューターのソフト開発、半導体メーカーで秘書業務を行ってきました。

15年ほど前にオーストラリアに移住。移ってからは、時にフォトグラファーとして、また日本からの留学生のサポートやコーチとして現在に至ります。

アルコール依存症だった今は亡き父との同居の中で、カウンセリングに興味を持ち少しずつ勉強をスタート、その中から集団の中にどうしても入り切れない自分を見つけることになります。

相手がどう私を思っているか、また自分の相手からの評価を気にしていたからです。自分が言ったことを相手から否定または非難をされると自分という人間そのものを真っ向から反対されるような感じを受けたり価値観を否定されたような気がしていたからです。

そんな想いが常に心のどこかにあって友達と言っても表面的な友達しかできなかったように思います。常にどこかに孤独感を感じていました。

 

オーストラリアで暮らし始めて

オーストラリアで暮らし始めて、見た目も違う、また価値観の違う人たちと私は接することになりました。

自分の価値観は間違っているのではないかと自分に自信のなかった私にはとても刺激になりました。そして自分はこの自分でいいんだということに少しずつ気が付き始めました。

英語が時々わからなくなっても、グループの中で一人意見が違っても、言ってもいいんだと自分の自信がついたことで相手の意見も受け入れられるようになりました。

 

その後携わった仕事が更に私に変化を

その後携わった仕事が更に私を変えてくれました。

この6年間で約300名の中高生の短期留学のサポートをするきっかけに恵まれました。この中で、私と同じように自分の気持ちを話せない学生を多く見てきました。

一人一人は色々な個性があるのに、みんなと一緒にいる安心感が優先されて、なかなか自分らしさが発揮できない。その中で私ができることは、一人一人の学生たちの持つ意見が人と違ってもいいし、自分のことをアウトプットしていくことが大切だということを一人一人にわかってもらうことです。

日本でみんなと一緒にいるために自分を押し殺していた学生たちがここで本当の自分を模索していきます。自分は自分でいいんだと知ることで本当の意味での友達ができるように思います。

 

こんな方は私のセッションがピッタリです

友達はいるだけど、なぜか寂しさを感じたり、時々ひとりぼっちのような感覚になる人。本当はもっとお友達ができたらいいな、と思いながらも自分からは怖くてお友達を作れない人、自分の気持ちを隠さずにアウトプットするお手伝いをしたいと思い、現在はそんな方たちを中心にヒプノセラピー・カウンセリング・コーチングをやっています。

 

ご予約

さくら麻美

さくら 麻美

公認カウンセラー

マインドフル・コーチ&瞑想セラピスト
過去に、そして今の自身の内面に気づき、夢に向かっていくことに伴走する
専門スキル
  • カウンセリング
  • ヒプノセラピー
  • コーチング
  • タロット
  • アートセラピー
  • インナーチャイルドセラピー
  • マインドフルネス
得意なタイプ
  • 好きなことを見つけたい人
  • 自分らしくを見つけたい人
  • 窮屈さから抜け出したい人
  • 潜在意識にアクセスしたい人

 

 さくら麻美のカウンセリングを申し込む