カウンセラーの味方!リザーブストック|リザストとは?

リザーブストックの画像

カウンセラーの味方!リザーブストック|リザストとは?

 

あなたはリザーブストックという言葉を聞いたことがありますか?

カウンセリングやコーチングをやっている人なら聞いたことがあるという方も多いと思いますが、

リザーブストック(以下リザスト)とは、カウンセラーの最強ツール!

僕はもうこれを手放すことができません!

 

 

リザストではこんなことができる vol.1 カウンセリングの予約

 

あなたはカウンセリングの予約を取る時、どうやって予約を受け付けていますか?

いろんな方法があると思うのですが、電話だったりメールだったり…

でも、電話だと、ついついお問い合わせ電話で長話をしてしまったり…

メールだと、日程を調整するのに何度もやり取りが必要だったり…

不便さを感じた経験がある方も多いと思います。

 

僕も始めた頃は、ブログに、申し込みはこちらと、メールアドレスを載せていたのですが…

まあ、やり取りが面倒だという前に、ほぼ申込みがなかったですね。

でも、、それは、そうですよね。

今ならわかるのですが、いきなり電話をかけるとか、メールをするとか…

これって、クライアントから見たらかなり勇気がいると思うんです。

 

だから、僕は、すぐに申込みフォームを使うようになりました。

僕はフォームメーラーというフォームを使っていたのですが、これは、かなり便利でした。

今でも、使っているのですが、申し込みがあったら、自動でメール返信してくれるし、

申込みがあれば、すぐ管理者である自分にメールで知らせてくれる。

 

「フォームメーラー」という件名で、メールが来たらすごく嬉しかったですね。

その他にも、Googleフォームとか、フォームズとかいろいろあるようです。

 

しかし!リザーブストックはこれらのフォームとはちょっと違うんです。

普通の申込みフォームは予約をとるために使うものだと思います。

でも、リザストは、個人事業をやっている人のことを本当に考えられたシステムですので、そんなことまでやってくれるの?というくらい、徹底してフォローしてくれるのです。。

 

 

◎リザストのすごいとこ
(個人セッションの管理がこのシステムだけで完璧にできる)

 

1.予約可能時間を設定できる!

こちらが、僕の予約フォームですが、左側にSTEP1メニューを選択とありますが、

ここに、自分の個人セッションのメニューをいろいろ登録できます。

そこには、一つ一つの説明や料金など詳細のお知らせも可能です。

 

 

こういう形で表示されます。

 

 

ここの詳細ボタンを押すと、↓↓↓このように詳細も表示可能です。

 

STEP1でメニューを選ぶと、STEP2のところにスケジュール帳と鉛筆の絵が出てきて、

くるくる回り出しスケジュールの確認をしてくれます。

↓↓↓

 

そして、予約可能な日を教えてくれる。

↓↓↓

ここで、クライアントは、自分が受けたい日を確認して、その日をクリックします。

すると、STEP3で予約可能な時間が出てくるんです。

↓↓↓

 

この時間を選択すると、

個人情報を入力していただく画面が現れる↓↓↓

自分が個人セッションを受付できる日時を設定するだけで、

セッション日時を打ち合わせしたり、調整したりする必要なく、

こちらの望む日でセッションの受付ができるんです。

 

 

2.支払いの管理も可能

メニューごとにペイパルの設定も可能で、カード決済が簡単にできる。

振込みや現金支払いを希望される方も、支払確認後、確認済み登録をすることで、領収証の発行も可能。

支払い確認メールや督促メールも送ることが可能です。

 

3.カルテの入力も可能

セッション後、カルテを入力することで、次回セッションの際、

簡単に状況を思い出すことができる。

また、クライアント個人ごとにページがあり、そのクライアントの情報が管理できる。

 

4.自動で予約確認、お礼メールを送信できる。

セッションの前日には、確認メールを自動で送ることも可能です。

僕は、カウンセラーにも同じメールを送ってくれるので、

セッションのスケジュール管理も簡単。

また、設定を行うことで、1か月後フォローメールを送ることもできるため、

セッション後もきちんとクライアントをフォローできる。

 

しかし、リザストのすごいところはこれだけではありません。

これだけなら、他の申込みフォームを使っても同じようなことができるんです。

リザストが本当にすごい!と思うところ。。それは、、、

 

 

リザストではこんなことができる vol.2 メルマガ・ステップメールの配信

 

◎リザストのすごいとこ
メルマガ・ステップメールを配信することで、顧客管理が簡単になる!

 

このリザストは、個人事業者向けビジネス支援システムであると、開発者の相馬純平さんはおっしゃっています。

つまり、申込み受付フォームなんていう、そんな小さい仕組みではなく、

カウンセラーの集客までフォローするために作られた仕組みなんです。

 

リザストのすごいところ2

メルマガ、ステップメールを配信できる。

僕はこのリザストで、7種類のステップメールを作っています。

そして、メールマガジンも3つ発行しています。

 

ひょっとするとメールマガジンを発行できるのが、なぜすごいのか良く分らない方もいらっしゃると思いますので、ここで少し説明させていただきます。

 

申込みフォームとメールマガジンが同じシステムで管理できたら何ができるのか?

 

そもそも、メールマガジンやステップメールってどんなものだと思いますか?

ひょっとするとあなたももう発行しておられるかもしれませんし、

発行はしていないけど、登録したことはあるかもしれません。

例えば、僕のステップ―メールは

使命を見つける前世からのメッセージ

本物の心理カウンセラー養成講座

などがあるのですが、これはすべて、僕がやっていることに興味を持ってくれる人を集めるために作ったものです。

 

もちろん、僕は、このメルマガをだれかれ送っているわけではありません。

興味を持って、自分で読んでみたいと思って登録した人にだけ送っているのです。

ということは、このメルマガに登録いただいた方は、僕がやっていることに興味がある方。

つまり、僕にとっての見込み客なんです。

 

 

「見込み客」と「すでに申込みいただいたお客さん」をきちんと管理できる仕組み!
それが、リザーブストック(リザスト)

この写真↑↑↑は、リザストの管理画面です。

このページで今の見込み客の数やセッションの状況等すべてを管理可能なのです。

 

【管理画面で何が分かるのか?】

①メルマガを配信した後、誰がそのメルマガを読んでくれたのか、確認できます。

上の写真、左側には、(ちょっと見にくいかもしれませんが)

最近5日以内に配信した記事とその記事の表題が書かれています。

そして、その左には、メールを開封した人の名前、そして、開封した人の数、開封率も出てきます。

※モザイクになっている部分に個人名が書かれています。

 

②自分のファンの数が確認できる。

これも見にくいですが、上の写真の右側にファンの数というのがあるのが分かると思います。

ここには、自分からメルマガを登録してくれた人の数が出てきます。

そして、その人が登録を解除すると、人数がちゃんとその分減るんです。

つまり、僕のメルマガに興味を持って登録してくれた人の現在の数を確認できる。

これは、集客の一つの目安となります。

やはり500人を超えてくると、コンスタントに申込みもいただけるようになってくる。

 

③好き好きランキングも確認可能

ファンの数の下にハートのマークが見えると思いますが、

ここには、僕のメルマガを開封した回数が多い人順にランキングをつけてくれています。

3週間で何回メールを開封してくれたのか?

それが、ここではわかります。

詳細を見ると、すべての人の開封回数を確認することも可能なのですが、

やはり開封回数の多い人は、個人セッションの申込みも多いです。

このランキングをうまく使うことで、何かおすすめの商品等あれば、

ランキング上位の人から声をかけてみると、反応も圧倒的に良くなります。

 

カウンセラーとしてクライアントを集めるためには、やはりクライアントのニーズをくみ取る必要があるんです。

だから、クライアントの反応をしっかりと分析し対応していく必要がある。

クライアントを集めるということは、クライアントの悩み解決のサポートを行うチャンスをつかむということです。

多くの人が、自分の悩みをどうやって解決すればいいのかわからず困っているんです。

 

だから、僕らは、そんな悩みを抱える人に「あなたの悩みはここで解決できますよ。」ときちんと伝え、自分のクライアントにしていく必要があるのです。

それをこのリザストは簡単にできるようサポートしてくれている。

いや~本当にすごいシステムです。

 

 

リザストではこんなことができる vol.3 イベントの集客・管理

 

こちらは、先日東京で行った僕のセミナーです。

リザストでは、セミナーや講座などの募集記事(ランディングページ)を作ることも可能です。

 

もちろん、申込み完了メールは、開催前確認メール、開催後お礼メールなど、設定することで、

簡単に参加者と連絡をとることができ、お客様との信頼関係の構築も可能です。

そして、当然、ペイパルを使った支払いの管理、参加者リストの作成などなど、

できることがもりだくさん。

 

この仕組みすべてを一つのシステムでできるなんて本当にすばらしいです。

 

 

リザーブストック(リザスト)は完璧なのか?リザストの欠点とは?

 

ここまで、リザストの良さ・素晴らしさをお伝えしてきましたが、

では、リザストは完璧なのか?と言われると、正直、完璧ではありません。

僕はこれまで6年以上このリザストを使ってきて、もう少しここが… という部分もあるんです。

ここでは、リザストの欠点を見てみることとします。

 

リザストの欠点1

 

メルマガ配信の際、テキストメールとHTMLメールの二つを作る必要がある。

メルマガを配信する際、読者が何を使ってこのメールを受け取るか、それによって二種類のメールを作る必要があるんです。

ezwebや、ドコモ、ガラケーで受信される場合は、HTMLメールを受け取ることができません。

だから、テキストメールを作ります。

だから、読者登録の際、読者にどちらを使うかを選んでもらう必要があるのです。

↓赤字で書かれている部分

そして、仮に、ezwebやドコモ、ガラケーの方が間違ってHTMLで登録されたら、

配信してもメールが開けません。となってしまうのです。

 

リザストの欠点2

 

リザストの予約フォームは、昔はGoogleカレンダーとリンクしていたのですが、

Googleの仕様変更により、リンクできなくなってしまいました。

だから、予約可能日を設定する際、自分のスケジュール帳を確認しながらの設定となるし、

私用のスケジュールが入った場合、いちいち、予約可能日を変更する必要がある。

 

以前、Googleと連携できていた時は、スマホ等からスケジュールに書き込めば、自動的にリザストのスケジュールもそこには入れなくなっていたのですが、、、

これは、ちょっと不便になりました。

 

 

リザストの欠点3

 

これは、そんなに大きな話ではないのですが、

リザストでメルマガを書く際、「~」が使えません。

あの伸ばすやつですね(笑)

 

スゲ~とか書きたいけど、9月10日~20日と書きたいけど、

なぜだか、この「~」が文字化けしてしまう(@_@)

他の記号で代用すれば済む話ですがちょっとだけ不便。。

 

このように、使って行くと、あれ?と思う部分も多少はありますが、

しかし、この欠点のいずれも、別の方法でカバーできるものばかり、

大きな影響を受けるものではありません。

 

それ以上に、このリザストを使うメリットは大きいのです。

 

 

僕がリザストを進める最大の理由とは?

 

これまで、リザストの良い点、悪い点、いろいろ書いてきました。

でも、僕は本当にこのリザストが無ければ、大幅に仕事の効率が下がり、

これまでのような活動はできない。そう思っています。

本当に、今では手放せない最高のツールなのです。

 

でも、僕がここまでこのリザストをすすめる理由は、効率が良いとか、管理しやすいとかそんな話ではありません。

それよりも、もっと大きな、大切なものをこのリザストが教えてくれたのです。

 

それは、このリザストの開発者 相馬純平(そうま・じゅんぺい)さんのメルマガでした。

このリザストに出会い、あまりにも便利で、誰がこんな素晴らしいものを作ったのか?

それが、すごく気になっていました。

そして、彼のメルマガを見つけたのです。

いろいろ読んでいくと、彼のこのリザストへの思いが伝わってきました。

そして、このリザストは、カウンセラーとしての最高のあり方の上に築かれたツールだということにも気づくことができたのです。

 

今泉智樹、相馬純平、住福純

※2019年1月にはじめて相馬さんとお会いすることができました。

(今泉智樹、相馬純平、住福 純)

 

カウンセラーとしての最高のあり方とは?

 

偉そうに書いていますが、僕は本当にそれを相馬さんのメルマガで学びました。

彼は常に、お客さんを見るということを大切にされています。

彼の言葉に「全託」という言葉があります。

全てを託すと書くのですが、

「我を捨て、本当にお客様の事を考えて出てきている行動なのか?」

相馬さんは、常にそう自分に問いかけて行動されている。

 

結果、出来上がったのが、この素晴らしいリザストというツールなのです。

だから、このリザストを使うだけでも、多くのクライアントさんにいい影響を与えることができる。

僕はそう思っています。

相馬さんのブログはこちらより↓↓↓

https://ameblo.jp/junpei-souma/entry-11986814769.html

 

全託 の意味は 全部託す という意味の造語でして、いつ頃からか、気がついたら自然と日常的に使っていた言葉なんですね

で、全託というのは、簡単に言えば「人事を尽くして天命を待つ」こをと実際に行うことです。

自分ができることは精一杯する できる準備や努力は行う でも、結果としてお客が来るとか、売れるとか、そういう相手の判断については介入しない ということです。

たとえば、セミナーをするとします。

セミナーのタイトルや告知文、内容などなど、ベストを尽くして考えたとします。

そして、見込み客に繰り返しメルマガで告知

以前参加してくれた方々に、「もしだれか役立てそうな方がいたら紹介してもらえないか?」と頼む

など、周囲の協力もお願いできる範囲でします。

 

ここまでは、自分でやれることなので、いくらでも努力することができますね

で、その結果、

セミナーに人が集まらなかったとしても、誰も紹介してくれたかったとしても、それが最高最善だということなんです。

以前、10人定員のセミナーを開催し、いつもはメルマガで告知すると3回くらい出せば満員になるところに、結局4人だったことがありました。

いくら頑張ってもなぜか集まらず、結局4人の参加者を相手にお話させていただいたのですが、

その4人の縁がとっても深いものになった経験があります。

きっと無理10人満員にしていたら、その4人との出会いは無かったのではないかと思うんです。

 

まとめ

 

長々と書いてきましたが、僕は、このリザストを使うことで、本当にカウンセラーとしての仕事を効率的にこなすことができるようになりました。

そして、仕事のやり方だけでなく、カウンセラーとしての在り方まで教えていただきました。

カウンセラーにとって一番大切なもの。

それは、まず、自分自身をしっかりと癒すことだと思います。

自分がしっかりと癒されていないと、他人を癒すことなんてできません。

でも、自分をしっかりと癒すために必要なのは、自分の意識の方向です。

 

自分を癒すために、自分を守るということを考え始めると、

その考えが、守らないといけない敵を生み出します。

 

だから、自分を守ろうとするのではなく、ただただ、目の前のクライアントのために今の自分に何ができるのか?

そうやって、クライアントに意識の方向性を合わせた時、はじめて、僕らは、完全に癒されるのです。

相馬さんがおっしゃる「全託」ができた時、心と身体、そして魂を一つにすることができる!

僕は、カウンセラーとして生きる限り、この「全託」という考え方をしっかりと守っていきたいと思っています。

 

ということで、ぜひ、あなたもこのリザスト使ってみて下さい。

料金等はこちらに記載してあります。

 

ただ、このリザスト、使用している人からの紹介が無ければ使うことができません。

現在、僕は、本気でカウンセラーを目指したいという思いを持った方をサポートさせていただいております。

ですので、もし、あなたもこのリザストを使ってみたい。そう思われたら、

こちらよりぜひ、題名「リザスト紹介希望」で僕にメッセージをください。

ご紹介させていただきます。

 

さて、それでは、ずいぶん長くなってしまいましたが、

今日はリザーブストックのご紹介でした。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

今日も幸せな一日になりますように。。。

 

Follow us!

投稿者プロフィール

今泉智樹
今泉智樹心理カウンセラー・カウンセラー専門ビジネスコーチ
現在はカウンセラーとして個人セッションを行いながら、同時にカウンセラーを育てることに注力。カウンセラーとして活動していくために必要なUSP(独自の売り、強み)を引き出すコーチングには定評がある。著書「カウンセリングの技術」は重版を重ね現在も売れ続けている。気軽にカウンセリングを受けることができる日本を作るをモットーに今も全力で走り続けている。

無料メール講座を購読しませんか?

日本こころカウンセリング協会では、イベント情報、カウンセリングのご案内、カウンセラー養成講座のご案内、カウンセリングや悩みに関してのコンテツを無料メール講座(Eメール配信)でお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA