カウンセラーで集客を成功するためには●●を売ってはいけない!

50%オフの看板

カウンセラーで集客を成功するためには●●を売ってはいけない!

 

突然ですが、プロのカウンセラーとして活動していくために必要なことってなんだと思いますか?

それは、当たり前の話ですが、「お客さんを集めること」です。

プロになろうと思ったら、やはりお金を払ってくれるお客様がいないと始まらない。

 

でも、カウンセラーでお客さんを集めることに苦労している人って、実はものすごく多いのです。

と、偉そうにいっていますが、以前の僕は全くお客さんを集められなかった。

僕の場合、無料カウンセリングでさえ全然お客さんが来なかった……

 

無料で来ないとなると、あたり前の話ですが、有料のお客さんなんて来るはずがない。

でも、これってカウンセラーの世界では珍しいことではありません。

むしろ、有料でお客さんに来てもらえている人の方が少ないのではないでしょうか?

では、なぜカウンセラーとしてお客様に来てもらうことがそんなに難しいのでしょうか?

それは、多くのカウンセラーが、カウンセラー集客にとって一番大切な部分を間違えてしまっているからなのです。

 

 

カウンセラー集客にとって一番大切な部分とは?

 

実は、僕、カウンセラーになる前は、銀行員だったんです。

18年間、銀行に勤務していました。

でも、僕自身がパニック障害という悩みを抱え、そこからカウンセリングというものに出会いました。

※詳細はこちらのプロフィールを読んでください。
→ 【プロフィール】

 

そして、ヒプノセラピーという心理療法で僕はこの悩みを克服できたのです。

このヒプノセラピーに出会うまで、かなりいろいろやってみたのですが、全然うまくいかなくて……

だから、僕は何年も苦しみました。

 

でも、そのなかなか治らなかったパニック障害をたった一回のセッションで克服に導いてくれたヒプノセラピー

僕は、本当に感動しました。そして、これを僕もできるようになりたい。

そして、僕のように苦しんでいる人の役に立ちたい。

そう強く思ったのです。

 

そして、その思いを胸に僕は銀行を退職することにしました。

かなり勇気が必要でしたが、絶対なんとかしてやる! そんな思いで退職したんです。

 

青空にガッツポーズ

 

 

では、ここで一つクイズです。

 

突然ですが、ここで一つクイズです。

長い間、パニック障害で苦しんだ僕でしたが、それをヒプノセラピーという心理療法で克服することができた。

そこから僕はカウンセラーとしての活動をスタートするわけですが、

もちろん、始めたばかりですのでお客さんなんていません。

 

そこで、集客をはじめたわけですが、ここで僕はある大失敗をしてしまうのです。

大失敗というのは、実はカウンセラーが絶対に売ってはいけないものを売ってしまったのです。

これを売ってしまったら、お客さんは来てくれない。そんなもの。

さて、カウンセラーが売ってはならないもの。なんだと思いますか?

 

○×のふだ

 

それは、

 

・・・

 

・・

 

カウンセラーが絶対に売ってはならないもの、、

それは、

 

「カウンセリング」です。

 

何言ってるの? と思うかもしれませんが、実はカウンセラーとして集客していくためには「カウンセリング」を売ってはいけないのです。

 

 

なぜ、カウンセラーは自分のカウンセリングを売ってはいけないのか?

 

感のいい方なら、もうお分かりかもしれませんが、

僕はヒプノセラピーというカウンセリングを受けたことで、一回でその問題を克服できた。

だから、僕は本当に自分が感じた「ヒプノセラピーってすごいんだよ」そう言って回ったのです。

「本当にすごいから」

「僕はそれで人生が変わったから……」

 

でも、そうやっていくら声をかけても誰も興味を持ってくれない。

なぜなんだろう?

僕はその後も必死で僕のカウンセリング(ヒプノセラピー)を売り続けたのです。

でも、本当に全然売れなかった。。

 

なぜ、そんなことが起こるのか?

答えは一つです。

それは、「誰もカウンセリングを受けたいと思っていないから」

だから、売っても売っても売れないのです。

 

誰もカウンセリングを受けたいと思っていないとは、どういう意味なのか?

 

僕はこれまでたくさんの人にカウンセリングを行ってきました。

そこで、この「誰もカウンセリングを受けたいとは思っていない」ということに気づきました。

もちろん、みなさん、僕のカウンセリングを受けにやって来られた方達です。

であれば、当然、僕のカウンセリングを受けたいと思っておられる。と思うでしょうが、

でも、残念ながら、僕のカウンセリングを受けに来た方も、本当は誰もカウンセリングを受けたいと思っていなかったのです。

 

NO

 

ではなぜ、カウンセリングを受けたいと思っていないのに、僕のカウンセリングを受けに来たのか?

人がカウンセリングを受ける理由。

それは、解決したい悩みがあるから。

 

そうなんです。僕のカウンセリングを受けに来るすべての方が、解決したい悩みを抱えておられるのです。

そして、その問題を解決するためにカウンセリングを受ける。

 

例えば、僕がカウンセリングを受けたのは、「パニック障害を克服したい」そう思ったから。

でも、カウンセリングを受けたいと思っていたかというと、別にカウンセリングを受けたかった訳ではありません。

ただただパニック障害を克服したかった。

それだけだったんです。

 

だから、それが克服できるのであれば、なんでもよかったんです。

「薬を飲めば治る」というのであれば、それでもよかったし、

「運動をすれば治る」ということであれば、それでもよかった。

「滝行すれば治る」のであれば、それでもいいし、「お祈りすれば治る」というのであれば、それでもよかった。

 

要は、苦しかったパニック障害という状況を克服したかった。それだけだったんです。

そして、僕は「カウンセリングを受けることで、それを克服できる」そう思ったからカウンセリングを受けることにしたんです。

 

 

カウンセラーとしてお客さんを集めるために必要なこととは?

 

なんの商売でも同じなのでしょうが、お客さんに来てもらうためには、お客様のニーズに応える必要があるのです。

お客さんが欲しいものでなければ売れません。

だから、自分がカウンセリングを受けて良かったからと言って、自分の売りたいカウンセリングを売ろうとしても売れないのです。

 

ということは、カウンセラーがカウンセリングを売るためにはお客様にどう伝えなければならないのか?

それは、「自分のところに来れば、こんな問題を解決できるよ」と自分が何をできるのか、それをきちんと伝えていく必要があるのです。

 

でも、そういうと、自分のカウンセリングはどんな人にでも効果がある。そう思う方がいらっしゃると思います。

確かにそうですね。カウンセリングって、どんな悩みも解決できるすごいツールなんです。

でも、「何でもできますよ」というのは、カウンセリング業界では何もできないと同じなんです。

 

なぜなら、カウンセリングを受けに来る人には必ず悩みがあるのです。

ある特定の悩みがある。それを克服したい。そう思っておられるからカウンセリングを受けに来られるのです。

 

つまり、これを食事で例えると、食べたいものが決まっているということです。

ラーメンを食べたいと思っている人は、ラーメン屋さんに行きますよね。

ラーメン食べたいと思っている人が、わざわざファミレスには行かないのです。

 

食事だと、何が食べたいのかまだ決まっていないけど、お腹が空いているから「いろいろあるファミレスに行こう」という人もいらっしゃいます。

でも、カウンセリングに来られる方はみんな明確なテーマが決まっているのです。

だから、「何でもできます」というファミレス方式では自分を選んでもらえないのです。

 

ラーメン屋

 

 

カウンセラー集客でまず最初にしなければならないこととは?

 

カウンセラーがお客さんを集めるためにまず最初にしなければならないことは「自分に何ができるのか?」それを絞り込むことです。

何でもできるではなく、とにかくまず一つ絞ってみる。

これをポジショニングと呼ぶのですが、自分が何の専門家なのか?それを明確にしていくのです。

でも、このポジションを絞る時に大切なポイントが一つあります。

 

 

カウンセラーがポジションを絞る時のポイントとは?

 

ポジションを絞るために一つ大きなポイントがあります。

このポイントをクリアできていないと、プロのカウンセラーとしてやっていくことはできません。

そのポイントとは、「お金を払ってでも解決したいと思っている悩みに絞ること」

 

実は、人は何となくやり過ごせる問題にはお金を払いません。

だから、お金を払ってでも解決したい。そう思える悩みにポイントを絞る必要がある!

でも、これができていない人がものすごく多いです。

 

何となくやり過ごせる問題とは、具体的にいうと、「ワクワクしたい」とか「やりたいことを見つけたい」とか……

今の人生がつまらない。だからもっとワクワクすることを見つけたい。

自分が本当にやりたいことを見つけたい。。

そう思っている人はたくさんいると思います。

 

だから、この「ワクワク」とか、「やりたいこと」ということにポジションを持っていくカウンセラーは多いです。

でも、ワクワクしたいと思っていても、その人は今、何となくそれをやり過ごしながら日々を過ごしておられるのです。

しょっちゅうワクワクしていなくても、やりたいことが見つからないでも、今日生きていくことにそれほど困っていない、、

そうなると、なかなかお金を払ってまで、それを変えたいとは思わないのです。

だから、僕らカウンセラーはお金を払ってでも解決したいと思える悩みに焦点を当てる必要がある。そう思っています。

 

それができて初めて、僕らはお客さんに選んでもらう準備ができたということになるのです。

 

 

カウンセラーで集客を成功するためには●●を売ってはいけない! まとめ

 

カウンセラーがお客さんを集めるために必要なこと、それは自分のポジションを明確に決めること。

それがないまま「カウンセリング」を売ろうとしても絶対に売れません。

 

例えば、僕がやっているカウンセリングは、ヒプノセラピーという心理療法を使うのですが、

でも、ほとんどの人がヒプノセラピーなんていう言葉は聞いたことさえないと思うのです。

だから、それがどんなに良くても、知らないままそれを買おうとする人はいないし、
それを詳しく知ろうとも思わないのです。

だから、まずは、お客さんの解決したいと思っている悩みにフォーカスし、それを解決できる人になる。

 

でも、そういうと、自分なんてそんな得意なこと、専門家になれるようなことは何もできません。

そう思う方もいらっしゃると思いますが、ポジションを決める時はまず、自分の経験を見直して、

自分が得意としていること、そして、お客さんがお金を払ってでも買いたいそう思うことを一生懸命探して、

そして、それをやる!と決めるのです。

 

そして、それを決められたら、そこからは、誰にも負けないくらい、そのことについて勉強してください。

例えば、夫婦関係の悩みを解決するプロになろうと思ったら、片っ端から関係のあるブログやメルマガを読んで、そして、関係する本を読んで、セミナーや講座に参加して、、

とにかく、その道のプロになるのです。

全く興味がなかったことでも、半年間必死で勉強すれば、その道にプロになれるような気がしませんか。

誰よりも、その問題に詳しいカウンセラーになれると思いませんか。

 

僕らカウンセラーがお客さんを集めるためには、ただカウンセリングが上手になることよりも、まずはお客さんの悩みにフォーカスし、そのテーマであれば、誰にも負けない。と胸を張って言えるようになるのです。

それができた時、必ずびっくりするくらいクライアントがやってきますので。

 

自分を信じて、ぜひ、しっかりと頑張っていきましょう。

それでは、本日の話はこれでおしまい。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

今泉智樹

Follow us!

投稿者プロフィール

今泉智樹
今泉智樹心理カウンセラー・カウンセラー専門ビジネスコーチ
現在はカウンセラーとして個人セッションを行いながら、同時にカウンセラーを育てることに注力。カウンセラーとして活動していくために必要なUSP(独自の売り、強み)を引き出すコーチングには定評がある。著書「カウンセリングの技術」は重版を重ね現在も売れ続けている。気軽にカウンセリングを受けることができる日本を作るをモットーに今も全力で走り続けている。

無料メール講座を購読しませんか?

日本こころカウンセリング協会
日本こころカウンセリング協会では、イベント情報、カウンセリングのご案内、カウンセラー養成講座のご案内、カウンセリングや悩みに関してのコンテツを無料メール講座(Eメール配信)でお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA